メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう ライバルをおとしめる行為 /大阪

学校の部活動でも同例/団結心を間違った方向へ発揮も

まやかしの勝利不安駆り立て/積み重ねた努力、裏切ることに

 昨年9月11日に石川県小松市であったカヌー・スプリント日本選手権で、鈴木康大(やすひろ)選手(32)が、ライバルの小松正治選手(25)の飲料ボトルに禁止薬物を混入させていたことが明らかになりました。大会で1位だった小松選手は、レース後のドーピング検査で陽性となり、暫定的に資格停止処分となりました。

 小松選手は薬物摂取を否定。11月17日、日本代表の沖縄合宿で日本カヌー連盟が選手一人一人から事情聴取し、3日後、鈴木選手がネットで筋肉増強効果のある禁止薬物を購入し、小松選手のボトルに混入したことを告白しました。またその後の調査で、小松選手や他の選手の道具を壊したり盗んだり、大会や合宿で発生した窃盗事件への関与、他選手の所属先に中傷メールを送ったことも認めました。

この記事は有料記事です。

残り1483文字(全文1870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです