市之郷遺跡

渡来人のかまど跡か 発掘で見つかる 古墳中期 姫路 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市之郷遺跡で見つかった古墳時代のかまど跡=兵庫県姫路市市之郷で、幸長由子撮影
市之郷遺跡で見つかった古墳時代のかまど跡=兵庫県姫路市市之郷で、幸長由子撮影

 姫路市埋蔵文化財センターは24日、姫路市市之郷の「市之郷遺跡」で、古墳時代中期の5世紀前半のかまど跡が見つかった、と発表した。かまどは1辺3メートルほどの建物跡に作り付けられ、中から韓式系土器の破片も見つかった。朝鮮半島からの渡来人が使っていた住居とみられるという。

 かまどは縦約1メートル、幅約65センチのU字形。真…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

あわせて読みたい

ニュース特集