特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

智弁学園、笑顔咲く 狙うは全国制覇(その1) /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
センバツ出場が決まり、喜ぶ智弁学園の選手たち=奈良県五條市で2018年1月26日、幾島健太郎撮影
センバツ出場が決まり、喜ぶ智弁学園の選手たち=奈良県五條市で2018年1月26日、幾島健太郎撮影

 <センバツ2018>

 3年続けて“春”の便り--。大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで26日にあった第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の選考委員会で、智弁学園の3年連続12回目の出場が決まった。五條市の学校で吉報を待ちわびていた選手らは喜びに沸いた。今年のチームには昨春を経験した選手も少なくなく、憧れの舞台で目指すのは、全国制覇を果たした2016年の再現だ。センバツは3月23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。【佐藤英里奈、矢追健介、郡悠介、山本和良】

 この日の学校は、選考結果を待つ緊迫した空気に包まれ、午後3時半ごろ、校長室の電話が鳴った。受話器を手にした手塚彰校長は出場決定の知らせに「ありがたくお受けいたします」。電話を終えると、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 手塚校長はグラウンドで待っていた選手たちの元に向かうと、「諸君、甲子園に行きます。甲子園で思う存分、自分たちのプレーができるようにしっかりと練習を。おめでとう」と報告。選手たちは「ありがとうございます」と一礼した後、「よっしゃー、センバツ行くぞ」と大声を上げたり、ガッツポーズをしてみせたりして喜びをかみしめた。

 昨秋の県予選は6試合全てに二桁得点し、計81安打で72得点。打線がつながり、圧倒的な強さで優勝した。近畿大会では1回戦の西脇工(兵庫)戦に畠山航青選手(2年)のサヨナラ本塁打で勝利し、ベスト8入りを果たした。

 公式戦の打率が5割を超える遊撃手の高塚勢牧選手(同)は「守備でアウトを確実にとって、チャンスの場面で打ちたい」と活躍を誓った。俊足で出塁率も高い外野手の左向(さこう)澪選手(同)も「足を使って、チームの勢いを加速させたい」。

 学校には出場を祝う横断幕や垂れ幕が出され、軟式野球部に所属する1年の山本達也さんは「同じ野球部として、硬式野球部のセンバツ出場は励みになる。今までやってきたことを発揮し、全力で戦ってきてほしい」とエールを送った。

出場決定の号外配布

 橿原市の近鉄大和八木駅前では、毎日新聞の販売所員らが智弁学園のセンバツ出場決定を報じる号外を配った。

 「智弁学園に春切符」の見出しに、受け取った同市の稲井尚子さんは「高校生がひたむきに一生懸命にプレーする姿が大好き。優勝を狙って頑張って。テレビで応援します」と笑顔で話した。

花束とボール贈る 本紙奈良三重専売会

 センバツ出場決定を受け、新聞販売所でつくる毎日新聞奈良三重専売会の桐山政孝会長らが学校を訪れ、お祝いに花束とボール30ダースを贈った。

 グラウンドで贈呈式があり、桐山会長は「おめでとうございます。頑張ってください」と祝福の言葉を掛けながら花束を小坂将商監督に、五條販売所の森義久所長がボールを小口仁太郎主将にそれぞれ手渡した。

次に読みたい

あわせて読みたい