メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「特別検察官解任を画策」 トランプ氏、露疑惑で 米報道

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」で、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は25日、トランプ大統領が昨年、捜査を指揮するモラー特別検察官の解任を画策したと報じた。顧問弁護士の抵抗を受けて断念したという。捜査が大詰めを迎えているとの見方が強まる中、捜査チームは複数の政権幹部からの聴取を進めており、疑惑を巡る政権側との駆け引きも激化している。

 トランプ氏は昨年5月9日、ロシアゲートを捜査していた連邦捜査局(FBI)のコミー長官を解任。コミー…

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1292文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです