連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

遠い2%の物価上昇=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米国ではサービス価格が驚くほどの上昇を見せている。消費者物価指数における過去10年の累積変化を見てみよう(比較の上でカッコ内に日本の変化率を表記した)。

 病院診察代は70%上昇(6%上昇)、上下水道料は69%上昇(7%上昇)、宅配便など配送料は55%上昇(4%上昇)、介護料は37%上昇(7%上昇)、住居家賃は31%上昇(4%下落)だ。

 生活コストに直結する品目がこんなにも上昇しているのに、米連邦準備制度理事会(FRB)が重視する米インフレ指標の過去10年の平均は2%に届いていない。なぜなら、家電製品、家具、玩具などモノの価格は米国でも過去10年デフレだったからだ。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文727文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集