メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

遠い2%の物価上昇=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

 米国ではサービス価格が驚くほどの上昇を見せている。消費者物価指数における過去10年の累積変化を見てみよう(比較の上でカッコ内に日本の変化率を表記した)。

 病院診察代は70%上昇(6%上昇)、上下水道料は69%上昇(7%上昇)、宅配便など配送料は55%上昇(4%上昇)、介護料は37%上昇(7%上昇)、住居家賃は31%上昇(4%下落)だ。

 生活コストに直結する品目がこんなにも上昇しているのに、米連邦準備制度理事会(FRB)が重視する米インフレ指標の過去10年の平均は2%に届いていない。なぜなら、家電製品、家具、玩具などモノの価格は米国でも過去10年デフレだったからだ。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです