メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 東電強制起訴 「10メートル超津波想定せず」設備管理担当者証言 第2回公判

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第2回公判が26日、東京地裁(永渕健一裁判長)であり、東電の幹部だった男性が「事故前に10メートル超の津波が起きるとは想定していなかった」などと証言した。初公判から約7カ月ぶりの再開。地裁は同日、6月までの15回の公判期日を指定し、秋までに二十数人の証人尋問を行う審理方針を明らかにした。

 昨年6月30日の初公判で、元会長の勝俣恒久被告(77)と、元副社長の武黒(たけくろ)一郎(71)、…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文717文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  2. 都市対抗野球 JR東が8強入り 新日鉄住金鹿島を零封
  3. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会
  4. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  5. 都市対抗野球 補強選手が活躍 三菱重工神戸・高砂の藤井

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]