メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/175 第5章 21=高村薫 多田和博・挿画監修

 しのつく雨が安普請のハイツの屋根を叩(たた)き続ける。耳から入ってくるその音に脳味噌(みそ)を直(じか)に叩かれながら、浅井忍はベッドに沈み込んだまま動けない。処方薬を欠かさず服用し始めたら、これだ。ドラクエ11は初回クリア後、裏ボス攻略に備えてレベル上げをするつもりでイベントをいくつかこなしかけたが、どこかで手が止まってしまったのが昨日だったか、一昨日だったか。伸ばした手の届くところからコントローラーも消えてしまい、代わりに掴(つか)んだのが空のペットボトルだった。それを投げ捨て、両肘を支えにして三十センチ這(は)い出し、また頭から脱落する。

 おい起きろ、なんとか起き出してこの無間(むげん)地獄みたいな怠惰にケリをつけなければ、また仕事を失…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文998文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです