メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春風亭一之輔のぶらっと落語歩き

今日のお題 高田馬場(東京都新宿区)

高田馬場跡周辺の堀部安兵衛の碑の前でおどける、春風亭一之輔さん=東京都新宿区西早稲田で、宮本明登撮影

敵討ちをちゃっかり商売に

 赤穂浪士四十七士の一人、堀部安兵衛が決闘の助太刀をした場として名高い高田馬場(今の東京都新宿区西早稲田3)。落語「高田馬場」の舞台としても登場する。歴史の名残を探して、かいわいを落語家の春風亭一之輔さんと、ぶらっと。

 浅草の観音様の境内で、がまの油売りをしている姉弟に近寄って来たのが古傷が痛むという老武士。話を聞くうちに、父の敵だということが分かる。実は姉弟はがまの油売りに身をやつし、敵を捜していたのだった--と、噺(はなし)の始まりは何ともドラマチック。

 曽我兄弟や伊賀越など、芸能の題材になるくらい江戸庶民の注目を集めた敵討ち。落語では花見の趣向で寸劇…

この記事は有料記事です。

残り2065文字(全文2358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです