メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野中広務さん死去

行動の基本は戦争体験 晩年は改憲けん制

 自民党幹事長や官房長官を歴任し、「影の総理」とも呼ばれた野中広務さんが26日、92歳で亡くなった。野中さんは戦争経験を踏まえ、平和の尊さを訴え続けた。自民党中枢を歩んだ政治家だが、晩年は「1強」安倍政権による憲法改正などの動きを戒めた。

 「小さな輪の中からでも子供たちに話し、生ある限り戦争体験のある私が戦争の歴史を語り継ぐ『語り部』となっていきたい」。2003年の政界引退表明直後、毎日新聞のインタビューで野中さんはこう述べていた。

 解釈改憲による集団的自衛権の行使容認などを進めた安倍政権には苦言を呈した。14年2月に参院の統治機…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文618文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです