メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野中広務さん死去

行動の基本は戦争体験 晩年は改憲けん制

 自民党幹事長や官房長官を歴任し、「影の総理」とも呼ばれた野中広務さんが26日、92歳で亡くなった。野中さんは戦争経験を踏まえ、平和の尊さを訴え続けた。自民党中枢を歩んだ政治家だが、晩年は「1強」安倍政権による憲法改正などの動きを戒めた。

 「小さな輪の中からでも子供たちに話し、生ある限り戦争体験のある私が戦争の歴史を語り継ぐ『語り部』となっていきたい」。2003年の政界引退表明直後、毎日新聞のインタビューで野中さんはこう述べていた。

 解釈改憲による集団的自衛権の行使容認などを進めた安倍政権には苦言を呈した。14年2月に参院の統治機構調査会に参考人として出席した際、与党が国会の圧倒的多数を占める中で「議会制民主主義が危険な状態。誤った道を歩みつつある」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  2. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです