メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津白根山噴火

微動から3分で噴火 火山予知連「当面、同程度は警戒」

 23日に噴火し、12人の死傷者を出した草津白根山の本(もと)白根山(2171メートル、群馬県)について、専門家らでつくる火山噴火予知連絡会(会長・石原和弘京都大名誉教授)は26日、気象庁で拡大幹事会を開き、「当面、23日と同程度の噴火が発生する可能性がある」との見解をまとめた。今後、より大きなマグマ噴火などに移行する兆候を監視するため、観測を強化する必要があると指摘した。

 予知連によると、鏡池の北側で、東西約500メートルの範囲に分布する複数の火口が確認された。そのうち…

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1399文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  5. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです