野中広務氏死去

最側近・古賀氏「また昭和が遠く」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院本会議を前に笑顔を見せる古賀自民党国対委員長(右)と野中自民党幹事長 (肩書きはいずれも当時)=2000年11月20日、宮本明登撮影
衆院本会議を前に笑顔を見せる古賀自民党国対委員長(右)と野中自民党幹事長 (肩書きはいずれも当時)=2000年11月20日、宮本明登撮影

 26日に死去した元衆院議員、野中広務氏の最側近として知られた古賀誠・元自民党幹事長は、野中氏の病状を案じて今月22日に地元・京都の事務所を訪ねたばかりだったという。

 古賀氏は毎日新聞の取材に対し「また『昭和』という時代が遠くなってしまいました。野中先生が衆院議員に当選された昭和58(1983)年以…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

あわせて読みたい

注目の特集