野中広務さん死去

行動基本は戦争体験 晩年は改憲けん制

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 野中広務さんは戦争経験を踏まえ、平和の尊さを訴え続けた。自民党中枢を歩んだ政治家だが、晩年は「1強」安倍政権による憲法改正などの動きを戒めた。

 「小さな輪の中からでも子供たちに話し、生ある限り戦争体験のある私が戦争の歴史を語り継ぐ『語り部』となっていきたい」。2003年の政界引退表明直後、毎日新聞のインタビューで野中さんはこう述べていた。

 解釈改憲による集団的自衛権の行使容認などを進めた安倍政権には苦言を呈した。14年2月に参院の統治機構調査会に参考人として出席した際、与党が国会の圧倒的多数を占める中で「議会制民主主義が危険な状態。誤った道を歩みつつある」と批判。15年7月の高知市での講演会では「9条を中心とする尊い平和憲法があったから、今日(の日本)がある」とし、安全保障関連法案の早期採決を目指していた政権に懸念を示した。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文658文字)

あわせて読みたい

注目の特集