野中広務さん死去

孤独な闘士、最後まで貫く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
野中広務氏=宮本明登撮影
野中広務氏=宮本明登撮影

評伝

 午前6時に鳴った電話口から甲高い声が響いた。

 「何や、この記事は。党があきらめても、政府は断念なんかしませんよ」

 1999年5月26日の毎日新聞朝刊1面トップは「国旗・国歌法案 政府・自民 今国会の提出断念」という“特ダネ”だった。目にした野中広務官房長官は番記者の私に「私は闘う」と宣言したのだ。

 今では想像しにくいが、当時は自民党ですら国旗・国歌法制化に慎重論が強く、小渕恵三首相も2月に一度は国会で「当面法制化しない」と明言していた。

この記事は有料記事です。

残り1510文字(全文1733文字)

あわせて読みたい

注目の特集