東急

1年定期券発売の理由とは

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東急の定期売り場=川崎市中原区の武蔵小杉駅で、米田堅持撮影
東急の定期売り場=川崎市中原区の武蔵小杉駅で、米田堅持撮影

 東京急行電鉄(東京都渋谷区)は今春から、有効期間1年の定期券の発売を予定している。6カ月を超える定期券の発売は、同社では初めてで都市部の鉄道ではほとんど例がない。定期券を購入する回数を減らすことで乗客の利便性を向上させるのが主な目的で、金額は6カ月定期券の2倍だという。導入の狙いを聞いてみた。【米田堅持】

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文899文字)

あわせて読みたい

注目の特集