草津白根山

微動から3分で噴火 火山予知連

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
噴火した草津白根山の火山灰で覆われた山。中央はスキー場=本社ヘリから
噴火した草津白根山の火山灰で覆われた山。中央はスキー場=本社ヘリから

 23日に噴火し、12人の死傷者を出した草津白根山の本白根山(群馬県)について、専門家らでつくる火山噴火予知連絡会(会長・石原和弘京都大名誉教授)は26日、気象庁で拡大幹事会を開き、「当面、23日と同程度の噴火が発生する可能性がある」との見解をまとめた。今後、より大きなマグマ噴火などに移行する兆候を監視するため、観測を強化する必要があると指摘した。

 予知連によると、鏡池の北側で、東西約500メートルの範囲に分布する複数の火口が確認された。そのうち東側約300メートルは、複数の火口が連なって火口列を造っている。また、西側の火口は、草津国際スキー場のリフトから約100メートルしか離れていない。今後、再噴火するとしたら、これらの火口からの可能性が高いという。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文557文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集