メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
草津白根山噴火

無警戒火山どう対処 予算限られ…

噴火によって被害を受けたゴンドラ=群馬県草津町の草津国際スキー場で2018年1月24日、藤井達也撮影

 草津白根山の本白根山(2171メートル、群馬県)の噴火が突きつけた課題は、無警戒だった火山に今後どう対処すべきかだ。予算は限られ、全国111の活火山を完璧にカバーすることはできない。そこが専門家らの悩みだ。

 草津白根山の活動を長年研究している東京工業大の野上健治教授は「ノーマークは本白根山に限らない」と指摘する。活火山の定義の一つは、過去1万年以内に噴火したこと。そのため、現在噴火の気配のない山も含まれる。50火山は特に警戒が必要な「常時観測火山」だが、活動度が低いその他の61火山は重点監視されていない。

 そのうえ、草津白根山のように常時観測対象でも、監視が手薄なエリアをもつ火山も少なくない。草津白根山…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです