介護報酬配分

自立支援に重点加算 介護費抑制目指す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
医師、看護師、ケアマネジャーらで開く退院カンファレンス=神奈川県横須賀市西浦賀で、藤沢美由紀撮影
医師、看護師、ケアマネジャーらで開く退院カンファレンス=神奈川県横須賀市西浦賀で、藤沢美由紀撮影

 厚生労働省は26日、社会保障審議会介護給付費分科会に、4月から適用される介護報酬の配分方針を示した。在宅、施設を問わず、利用者の自立支援や重症化予防を進める事業者に重点的に配分したのが特徴。診療報酬との同時改定を踏まえ、医療と介護で切れ目のない支援の実現も目指した。【阿部亮介】

 自立支援では、訪問介護や通所介護(デイサービス)、特別養護老人ホーム(特養)などで、医師や外部のリハビリテーション専門職と連携して、利用者の生活機能改善に取り組んだ場合、月々の報酬を2000円増やす。利用者の要介護度が軽くなれば、結果的に介護費の抑制につながることへの期待もある。

 医療と介護の連携を強めるため、退院した利用者のケアプランを作成するケアマネジャーへの報酬を、医師との連携回数などに応じて現行より増やす。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文799文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集