メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コインチェック

500億円以上不正流出か 仮想通貨 

取扱通貨について掲載したコインチェックのウェブサイト

 国内仮想通貨取引所を運営する「コインチェック」は26日、同社が取り扱う仮想通貨の出金を一時停止した。関係者によると、同社の取引所から大量の仮想通貨が不正出金された疑いがあり、流出額は500億円以上に相当する額にのぼる可能性がある。金融庁は同社に事情を聴取し、実態把握を開始した。

     不正出金されたとみられるのは、コインチェックで取引される仮想通貨の「ネム」。コインチェックは一時、ネムに加えてビットコインなど他の仮想通貨と、日本円も出金を止めるとの告知をホームページに掲載した。売買もビットコイン以外の仮想通貨は一時停止した。不正出金の一報がネットで伝わり、代表的な仮想通貨であるビットコインの価格が一時、1割程度下落するなど仮想通貨は軒並み下落した。

     コインチェックは国内大手の仮想通貨取引所で、ホームページによるとビットコインなど13種類の仮想通貨を扱っている。タレントを起用したテレビCMも放送している。

     コインチェックは、ホームページに「原因や詳細など、判明次第早急にお知らせする」とのコメントを出した。不正出金の有無などについては明らかにしていない。【岡大介、小原擁】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
    2. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
    3. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
    4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
    5. サウジ記者死亡 総領事館内で何が 皇太子批判の末

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです