メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊谷6人殺害初公判

「統合失調症、強い影響」弁護側主張

県警の捜査員に付き添われ、深谷赤十字病院を出るナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者=埼玉県深谷市上柴町西で2015年10月8日、橋本政明撮影

 埼玉県熊谷市で2015年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判の初公判が26日、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)であり、被告は起訴内容の認否で意味不明の発言を繰り返した。弁護側は認否を留保し、「統合失調症の強い影響」を主張した。【内田幸一、三股智子】

 検察側は冒頭陳述で「被告は遺体を発見困難な場所に隠したり、血痕を拭ったりするなど自己防衛的な行動を…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです