コインチェック

運営会社前に顧客詰めかけ 出金一時停止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京都渋谷区のコインチェック運営会社前には26日、仮想通貨を引き出せなくなった顧客が詰めかけるなど、混乱が広がった。

 同社によると、異常流出を検知したのは26日午前11時25分ごろで、正午過ぎから順次顧客に入金の一時停止などの告知を行った。だが詳しい説明は無く、ネットメディアに「600億円が不正出金された」との記事が出たことでネット上で一気に騒ぎが広がった。

 運営会社前には報道陣も含め100人以上が詰めかけ騒然となった。青森県から上京中に流出を知った男性会社員(32)は「自分の仮想通貨はどうなってしまうのか。少なくとも購入額は補償してほしい」と不安そうな表情を見せた。コインチェックの口座に500万円の仮想通貨があるという品川区の男性会社員(39)は「心配になって駆けつけた。会社はきちんと説明してほしい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文679文字)

あわせて読みたい

注目の特集