特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

選抜高校野球

四国地区の選考経過

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第90回記念選抜高校野球大会の出場36校が決まった選考委員会総会=大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで2018年1月26日午後3時50分、松沢敬介撮影 拡大
第90回記念選抜高校野球大会の出場36校が決まった選考委員会総会=大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで2018年1月26日午後3時50分、松沢敬介撮影

四国<枠4、候補12>

 四国大会を制し、明治神宮大会でも優勝した明徳義塾、準優勝の英明をまず選出。明徳義塾は最速140キロ超の市川が安定感があり、守備走塁も全国屈指。英明はバランスのよさが評価された。残る4強2校のうち、準決勝で明徳義塾と接戦を演じた本格派右腕・土居を擁する松山聖陵が3校目に選ばれた。最後の1枠は、4強の高松商と2回戦敗退の4校で検討。準優勝した英明に2回戦で7-8と善戦した高知を選出した。エース中屋を中心に走攻守ともに力があり、準決勝で英明に六回コールド負けした高松商より総合力で上回っていると判断された。四国大会に12チームが出場するようになった2003年の選考以降、4強以外からの選出は初めて。

関連記事

あわせて読みたい