特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

選抜高校野球

九州地区の選考経過

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第90回記念選抜高校野球大会の出場36校が決まった選考委員会総会=大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで2018年1月26日午後3時50分、松沢敬介撮影 拡大
第90回記念選抜高校野球大会の出場36校が決まった選考委員会総会=大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで2018年1月26日午後3時50分、松沢敬介撮影

九州<枠4、候補16>

 九州大会4強の創成館、富島、延岡学園、東筑を比較した。まず、初優勝した創成館が他を圧倒していたとして選出された。エース左腕・川原が全4試合を投げ、防御率0.78と安定。明治神宮大会では右腕・伊藤や左腕・七俵らの好投で準優勝し、投手層の厚さを見せつけた。次に準優勝の富島を選出。2番で主将の中川が打率5割8分8厘とバットでチームをけん引。エース右腕・黒木将の制球力も光った。続いて8強も含めた残り6校を比較して4強の延岡学園、東筑が選ばれた。延岡学園はエース右腕・上野が投打にわたって活躍し、4番・小幡らに長打力があった。東筑は昨夏の甲子園を経験した右横手のエース・石田のテンポの良い投球が評価された。

関連記事

あわせて読みたい