特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

選抜高校野球

「全国制覇するぞ!」東邦2年ぶり

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
センバツ出場が決まり、帽子を投げて喜ぶ東邦の選手たち=名古屋市名東区で2018年1月26日、兵藤公治撮影 拡大
センバツ出場が決まり、帽子を投げて喜ぶ東邦の選手たち=名古屋市名東区で2018年1月26日、兵藤公治撮影

 待ち望んだ吉報が球児たちに届いた。第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の出場校36校を決める選考委員会が26日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社であり、東邦(名古屋市名東区)が2年ぶり29回目の出場を決めた。春切符を手にした選手らは喜びに沸き、3月23日開幕の大会へ闘志をみなぎらせた。【横田伸治、多和田奈々】

 午後3時20分、報道陣が集まった東邦の校長室の電話が鳴った。「ありがたく、お引き受けしたいと思います」。佐々木泰裕校長(58)は受話器を置くと、森田泰弘監督(58)や小嶋裕人部長(56)と握手を交わし、選手やマネジャーたちが待つ中庭へ向かった。

 佐々木校長から出場決定の報告を受けた選手たちは、「全国制覇するぞ!」と叫んで帽子を放り上げたり、森田監督を胴上げしたりしながら、喜びをかみしめた。稲留克哉主将(2年)は「あこがれの甲子園でプレーできることがうれしい。甲子園で相手を圧倒できるような打撃を見せたい」と抱負を語った。森田監督は「代表校として、応援してくれる方に『良いゲームだった』と言ってもらえるような試合をしたい」と話した。

 昨秋の東海大会準決勝で九回に逆転本塁打を放つなど、4番打者として打撃の主軸を担う石川昂弥選手(1年)は「自分はまだまだ強くなれる。開幕までに体を大きくして、スイング力を上げていく」と気を引き締めた。

 集まった選手の保護者たちも、歓喜に沸く選手たちを写真撮影しながら出場決定を喜んだ。主戦の扇谷莉投手(2年)の母純子さん(41)は「みんなの練習が報われた。まだスタート地点に立ったところなので、本番までけがなく頑張ってくれるよう、見守っていく」と話した。

校内に懸垂幕

 佐々木康裕校長から出場決定が部員に知らされると、校内には「センバツ出場 東邦高等学校」と書かれた懸垂幕(長さ8.1メートル、幅90センチ)がさっそく掛けられ、学校関係者や選手の保護者、生徒らから拍手が湧いた。バトントワリング部も甲子園へ応援に駆け付けるといい、キャプテンの天野ななみさん(2年)は「出場が決まってうれしい。来月後半から本番に向けた振り付けの練習が始まるので、私たちも頑張りたい」と笑顔で話した。

号外配布

 東邦のセンバツ出場決定を受け、毎日新聞社は26日、出場を報じる号外1000部を同校で配布し、保護者や生徒らが次々と手に取っていた。

 稲留克哉主将(2年)の父、忠和(ただまさ)さん(49)は、号外を手に「感無量です」と喜び、「チームはこれまで良い成績で来ているので、そのままの調子で本番を迎え、結果につなげてほしい」と期待する。稲留主将は現在ケガの治療に励んでいるといい、「できることは全力でサポートしていきたい」と回復を願っていた。

あわせて読みたい