メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場上空

報道パイロット・西村一幸の飛行記録(1) 松本サリン事件

松本サリン事件で被害が集中した長野県松本市北深志の住宅街=1994年6月27日、本社ヘリから

 1994年6月28日午前4時ごろ、羽田空港(東京都大田区)にある毎日新聞社航空部格納庫で電話が鳴った。泊まり勤務で仮眠を取っていた西村が電話に出ると、当直の写真部デスクが「松本でガス漏れか爆発で多くの死傷者が出ているらしい。出動してほしい」と告げてきた。 

 松本サリン事件……そして、後に続く一連のオウム真理教事件の始まりだった。

 西村は、副操縦士らを呼ぶと同時に、まず天候のチェックを始めた。この日は本州に梅雨前線があり、雨が降…

この記事は有料記事です。

残り2457文字(全文2673文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  5. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです