特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

由利工、チーム喜びの声 /秋田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

勝って校歌/東北背負い駆ける/大声で元気に

 畑山陸翔(りくと)主将(2年)出場はうれしいがそれに満足してしまうと「勝って校歌を歌う」目標を達成できない。一層気を引き締めたい。

 佐藤亜蓮投手(2年)甲子園では強打者におじけづかず、強気で投げたい。東北のみんなの気持ちも背負って、駆け回りたい。

 木村裕太内野手(2年)選ばれるかどうかに関係なく、日々集中して準備してきた。プロと同じ球場でプレーできるのがうれしい。

 大友丈内野手(2年)出場が決まり率直にうれしい。甲子園では(金足農で夏8強入りを果たした)父を超えて4強を狙いたい。

 佐藤隼人内野手(2年)自分たちがあの甲子園に行けるとは思っていなかった。大舞台だが緊張を吹き飛ばすくらい大きな声を出したい。

 佐々木聖弥内野手(2年)発表の前日は緊張で眠れなかった。持ち味の守備では一つ一つのアウトをしっかり取っていきたい。

 菊地浩介外野手(2年)今まで支えてくれた家族に感謝したい。トレーニングで打球の速度を上げ、甲子園でヒットを打ちたい。

 土井幹太外野手(2年)うれしさのあまり、決まった時はぼうぜんとしてしまった。強豪校と競えるくらいの技術と精神力をつけたい。

 石原龍之介外野手(2年)緊張感を持って練習したい。4番の重責はあるが、走者を絶対還すつもりでタイムリーを狙う。

 太田怜央投手(1年)入学してこんなに早く行けるのかと驚いた。いつ出番が来ても堂々と投げられるよう準備したい。

 斎藤海龍(あろう)投手(2年)甲子園は遠い存在と思っていた。昨秋は控えだったが、強い相手でも起用してもらえるよう制球力を鍛えたい。

 田口海斗捕手(2年)つらい練習を乗り越えて憧れの舞台に行けてうれしい。甲子園では声かけや笑顔でチームを盛り上げたい。

 矢野夢翔(ゆめと)内野手(2年)代打での出場が多いので、速球派の投手からホームランを打ちたい。はつらつとしたプレーで優勝したい。

 小林凱斗(かいと)内野手(2年)毎日送り迎えしてくれている両親に恩返しできるよう、持ち味の守備でミスを恐れず全力でプレーしたい。

 工藤雄陽(ゆうひ)内野手(2年)明確な目標ができたので、そこに向かって練習に励む。得点に絡んだ打撃をして勝利に貢献したい。

 大友優亮内野手(1年)野球を始めてから今までにないくらいうれしい。甲子園まで下半身を強化し、走力をさらに鍛えたい。

 佐藤秀外野手(2年)

チームの長所である大きな声でのあいさつで、大勢の観客を元気付けられるパフォーマンスをしたい。

 渡辺大夢(ひろむ)外野手(2年)野球部OBの父に最初に報告したい。東北大会ではベースコーチだったが、スタメン入りを目指したい。

 佐々木拓海外野手(2年)甲子園ではメンバー入りできるよう、1日500回の素振りを続けるなどして打撃を磨きたい。

 井島虎之介外野手(2年)甲子園では浮足立たず、常連校に通用するプレーをしたい。場面に応じた打撃ができるように練習したい。

 工藤絢太(けんた)内野手(2年)年明けはけがで出遅れたので、早く治してみんなに追いつきたい。チームのサポートやできる範囲の練習で準備したい。

 多田歩矢(ふみや)マネジャー(2年)チームを支えつつ引っ張っていく存在になりたい。練習の質を上げ、打ち勝つチームにしていきたい。

次に読みたい

あわせて読みたい