メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 健康や子供の将来に不安 自主避難、8割帰還せず 県健康・生活委、調査報告書案 /新潟

 東京電力福島第1原発事故が住民の健康に与える影響などを調べる県の「健康・生活委員会」の生活分科会が27日、新潟市中央区で開かれ、原発事故の避難者を対象にした総合的調査の報告書案を示した。福島県からの自主避難者は、仮設住宅の供与が終了した2017年3月以降も約8割が帰還せず、県外に居住している実態が明らかとなった。

 調査は17年12月、県が福島県などを除く全国45自治体に照会。民間の借り上げ住宅に入居していた27…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文508文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです