メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

OSAKAおお!

三十石船、情緒浸る酒 4月に披露 淀川協議会と老舗蔵元連携 /大阪

くらわんか酒のイメージ品を前に打ち合わせする、山野酒造の山野久幸さん(左手前)やアトリエMayの塩田真由美さん(右奥)ら=大阪府交野市私部7の山野酒造で、金志尚撮影

 江戸時代、京都-大阪間の淀川を運航し、庶民らの移動手段として重宝された「三十石船(さんじっこくぶね)」。歌川広重の浮世絵にも登場する由緒ある船にちなんだ地酒を造り、観光振興などに役立てようという計画が進められている。淀川周辺の活性化に取り組むグループが老舗酒蔵と連携し、4月にお披露目する予定だ。【金志尚】

 三十石船は京都・伏見-大阪・八軒家浜(大阪市中央区)間を往復した旅客船。中継港があった枚方の市史によると、定員は28人。かかる時間は大阪に向かう下りが「半日または半夜」、川の流れに逆らう京都方面の上りは「1日または1晩」だったという。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです