特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

下関国際、センバツ決定から一夜 気合入れ練習に汗 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
筋力トレーニングに励む選手たち 拡大
筋力トレーニングに励む選手たち

 <第90回記念センバツ高校野球>

 第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の出場決定から一夜明けた下関国際ナインは27日、下関市伊倉の同校グラウンドなどで練習に汗を流した。

 午前7時すぎに集合した選手たちは、日課の体重測定や朝食を済ませてグラウンドへ。練習開始前に坂原秀尚監督(41)は「県内の他のチームの分も責任を持って勝たなければならない」と気合を入れた。

 午前中は実戦を想定した走塁や守備練習をこなし、午後は体育館で機械を使った筋力トレーニングからスタート。オールをこぐような運動の反復に「もう無理だ」と倒れ込む選手もいる中、捕手の品川優人選手(2年)は「きついけど、勝つためにはやるしかない」。その後は再びグラウンドに飛び出し、打撃練習で快音を鳴らすなどした。けがで離脱中の浜松晴天(そら)主将(同)の代わりに遊撃手の甲山達也選手(同)、主戦の鶴田克樹投手(同)らが積極的に声掛けし、練習を引っ張った。

 昨夏の甲子園で、1年生で唯一レギュラーを務めた木村大輝選手(1年)は「夏はあまり打てず、守備でもミスをしてしまった。また練習に全力で取り組んでいきたい」と話していた。【佐藤緑平】

〔山口版〕

関連記事

あわせて読みたい