メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

鷺流狂言の演者 土村広隆さん /山口

土村広隆さん

共演者と息合う瞬間喜び 土村広隆さん(77)

 全国で山口市と佐賀、新潟両県だけに伝わる「鷺(さぎ)流狂言」の演者を25年以上続ける。明治維新以降、表舞台から消えた技を民間で継承する「山口鷺流狂言保存会」の一員として2015年に米国公演も経験、昨年度は県文化功労賞も受賞した。「とにかく、楽しいという気持ちでやってきた」

 本業は喫茶店経営。50代で「趣味を始めよう」と思い立ち、妻光子さん(75)と市内で鷺流の教室へ通い…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです