メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

チェチェン 母たちの闘い(その1) 娘、絶対取り戻す

おどけた笑顔を見せる次男のアブドラ君(中央)。右奥の部屋では長男のハムザト君と三男のマリク君がスマホでアニメを見ていた。祖母のベラントさん(左)が3兄弟を育てている=ロシア南部チェチェン共和国のダチュバルゾイで2017年11月14日、杉尾直哉撮影

 ライオンのぬいぐるみの足をつかんでぐるぐる振り回し、いたずらっぽい笑顔を見せる。3兄弟の中で一番やんちゃなアブドラ君(5)だ。長男のハムザト君(6)と三男のマリク君(4)は、スマホでアニメを見ている。

 ロシアのどこにでもいそうな子供たちだが、昨年夏に中東イラクの北部モスルで保護された。過激派組織「イスラム国」(IS)が支配していた街だ。モスルが激戦の末に解放された後、3兄弟はロシア・イラク両政府の協力により、10月に母親の故郷があるロシア南部チェチェン共和国に戻ることができた。

 帰還から1カ月たった昨年11月、3兄弟を訪ねた。3人は山岳地帯で祖母のベラント・ズルガエワさん(6…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文784文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです