新型出生前診断

「命の選別」定着懸念 無認可検査を警戒

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 妊婦の血液から胎児の病気の可能性を調べる新型出生前診断(NIPT)で、日本産科婦人科学会が臨床研究に限定してきた方針を転換する。背景には高齢妊娠の増加に伴うニーズの高まりと、それを狙った無認可ビジネス拡大への危機感がある。だが、認可の有無を問わずNIPT自体に「命の選別」との批判も強い。「産む前の選別が当たり前の社会になる」と危ぶむ声も上がる。【千葉紀和】

 「無認可施設を野放しにできない。より適切な体制を考えざるを得ない」。日産婦の苛原(いらはら)稔・倫理委員長は決断の理由をこう話す。

この記事は有料記事です。

残り1896文字(全文2142文字)

あわせて読みたい

注目の特集