メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

高校の歴史用語で削減案 暗記偏重の是正は妥当だ

[PR]

 暗記偏重の「詰め込み授業」から脱する契機にしてほしい。

 高校や大学の教員で作る歴史教育の研究会(会長・油井大三郎東京大名誉教授)が高校の日本史、世界史で覚えるべき用語の大幅削減を提言した。意見を募り、今春をめどに最終案をまとめるという。

 現在、高校の教科書では日本史・世界史ともに3400~3800語が収録されている。これを半減させて教科書本文に掲載し、入試で知識を問う用語とするよう求めている。

 狙いは暗記偏重からの脱却だ。

 研究会の削減案では、世界史でガリレオ・ガリレイやクレオパトラ、日本史では吉田松陰や坂本龍馬、武田信玄、上杉謙信といった著名な人物名も挙げられた。歴史上の役割や意味が大きくないという理由だ。

 なじみ深い人名を削減候補に挙げたことには、賛否があるだろう。

 半世紀ほど前は、1300~1600語だった。増加の主因は大学入試だ。教科書にない用語が出題され、改訂のたびに取り込まれた。

 高校と大学の教員への調査では、4人に3人が「入試の影響で用語暗記中心の授業になっている」と答えている。生徒も覚えるだけで精いっぱいになっているのが現状だ。

 入試のために知識を詰め込むのではなく、歴史の流れや時代背景を理解して、考える力を養う「歴史本来の学び」にするのが提言の主眼だ。

 増える一方になっている用語を精選するという方向は妥当だ。

 新たな学習指導要領では「主体的で対話的な深い学び」が重視される。知識に偏った学びからの転換だ。

 大学入試も2020年度から大きく変わる。思考力や表現力を重視し、大学入学共通テストでは記述式問題も導入される予定だ。

 これらに対応するには、覚える内容を精選し、授業の中で教員と生徒や生徒同士が議論したり、調べ学習をしたりする時間が必要になる。

 用語削減の動きは歴史だけではない。日本学術会議の分科会は昨秋、高校生物で学習する重要用語を、現在の4分の1にするよう提言した。

 一度掲載された用語の削減は抵抗感も大きいだろう。だが、知識量のバランスを考え、思考力を高める授業をするにはどうすれば良いか。他教科でも検討を進めるべきだ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです