メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

チェチェン 母たちの闘い(その2止) 「IS同調」偏見耐え

グロズヌイ空港のロビーで、シリアから帰還した子供に話しかける女性。後方は、帰還した少年に自分の娘や孫の写真を見せて「知らないか」と尋ねる女性たち=ロシア南部チェチェン共和国グロズヌイで2017年11月13日

 

 ◆娘帰還へ 母たち奔走

「世間体、関係ない」

 過激派組織「イスラム国」(IS)の支配下にあったイラクやシリアに渡っていた娘を捜すチェチェンの母親たちが、モスクワを訪れている--。そんな情報を私が得たのは昨年9月下旬だった。

 モスクワから約2000キロ南にあるチェチェン共和国は、信仰のあついイスラム教徒が多い保守的な土地柄。普段の女性たちは男性を陰で支え、口数も少ない。それが集団で、モスクワのイラク大使館などへ要請に来たというのだ。彼女たちの娘は、IS戦闘員となった夫についてイラクやシリアに渡航したが、ISの敗走で行き場を失っている。その帰還を実現させるための活動だという。

 モスクワ北郊の小さなホテルに女性たちを訪ねた。ベールをかぶり、足首まで隠れる長い服に身を包んだ10…

この記事は有料記事です。

残り4299文字(全文4640文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです