メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MOTTAINAI

米のパリ協定離脱 温暖化防止後退の懸念強まる ブラジルの元環境相、マリナ・シルバさんインタビュー

所属政党の全国総会で登壇するシルバさん。この日、今年秋の大統領選挙に立候補をすることを発表した=ブラジリアで昨年12月2日、レオ・カブラル氏撮影

寛容さが人類助ける

 米国のパリ協定離脱により、地球温暖化防止に向けた国際的な取り組みが後退する懸念が強まっている。今年12月にポーランドで開催予定の国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)は、パリ協定の運用ルールを決める節目を迎える。アマゾン熱帯雨林の保護やパリ協定の重要性を訴えてきたブラジルの元環境相、マリナ・シルバさんは現状と地球の未来をどうみているのか、書面インタビューした。

 --昨年のCOP23をどのように評価しますか。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです