メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MOTTAINAI

モザンビークに電子マネー 生活向上へ日本人奔走

農業資材を購入するために、タブレット端末を使った電子マネーシステムを利用する住民=モザンビーク中部のマニカ州で2015年11月(合田さん提供)

 アフリカ南東部の開発途上国モザンビークで、1人の日本人が電子マネーによる金融システム作りに奔走している。日本植物燃料(本社・神奈川県小田原市)社長の合田真さん(42)。利用履歴が記録できるため、農業資材の普及を目指す国連食糧農業機関(FAO)がこのシステムを使って補助金を支給するなど期待が集まっている。【山口昭】

 優良品種の種や肥料を買いに来た農民が雑貨店にあるICカードでタブレット端末にタッチする。自己負担金…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文902文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  4. キューバ 旅客機墜落 死者は110人に
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]