メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MOTTAINAI

モザンビークに電子マネー 生活向上へ日本人奔走

農業資材を購入するために、タブレット端末を使った電子マネーシステムを利用する住民=モザンビーク中部のマニカ州で2015年11月(合田さん提供)

 アフリカ南東部の開発途上国モザンビークで、1人の日本人が電子マネーによる金融システム作りに奔走している。日本植物燃料(本社・神奈川県小田原市)社長の合田真さん(42)。利用履歴が記録できるため、農業資材の普及を目指す国連食糧農業機関(FAO)がこのシステムを使って補助金を支給するなど期待が集まっている。【山口昭】

 優良品種の種や肥料を買いに来た農民が雑貨店にあるICカードでタブレット端末にタッチする。自己負担金…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文902文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. 東京都 築地市場、豊洲開場日に解体着手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]