メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/176 第5章 22=高村薫 多田和博・挿画監修

 佐倉真弓、旧姓栂野真弓は多摩川の花火からもゲリラ豪雨からも切り離されて、娘と二人、午睡からほんの短い覚醒へ、そこからまた夜の眠りへと境目もなく移ろい続ける。生後四カ月になった娘は少し首が据わり、眠る時間も定まってきてずいぶん楽になった。片時も眼(め)を離せないことに変わりはないが、数カ月分の睡眠不足を取り戻すようにして、真弓もまた娘に負けじとよく眠る。

 もっとも、娘の肌の匂いや弾力や産毛の肌触りなどが知らぬ間に誘う夢はそれほど和やかなものではなく、む…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文955文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]