メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

小島ゆかり・評 『白磁海岸』=高樹のぶ子・著

 (小学館・1620円)

人はみな解決不能のドラマを生きる

 人間はなんて悲しく、なんて愛(いと)しいのかと思う。この物語に登場する人びとはみな、危うい秘密を抱えながら、その秘密にみずから傷つきながら生きる、強くて脆(もろ)く、愚かでやさしく、あさはかでなつかしい人びとである。

 たとえば『マルセル』では絵画が、『オライオン飛行』では時計が、謎を解く鍵として物語を動かしていったが、今回は美しい白磁の皿。ミステリーとしてのおもしろさはもちろん、登場人物のそれぞれが代わる代わる主人公になり進行する、多角的な人間心理のドラマでもある。

 夜更けて空も街も静まると、闇を走る風に乗って、金沢港の長い堤防にぶつかる波の音が聞こえてくる。そん…

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1450文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
  2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  3. 北電 苫東1号機18日夕にも復旧 節電協力も緩和
  4. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです