メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

小島ゆかり・評 『白磁海岸』=高樹のぶ子・著

 (小学館・1620円)

人はみな解決不能のドラマを生きる

 人間はなんて悲しく、なんて愛(いと)しいのかと思う。この物語に登場する人びとはみな、危うい秘密を抱えながら、その秘密にみずから傷つきながら生きる、強くて脆(もろ)く、愚かでやさしく、あさはかでなつかしい人びとである。

 たとえば『マルセル』では絵画が、『オライオン飛行』では時計が、謎を解く鍵として物語を動かしていったが、今回は美しい白磁の皿。ミステリーとしてのおもしろさはもちろん、登場人物のそれぞれが代わる代わる主人公になり進行する、多角的な人間心理のドラマでもある。

 夜更けて空も街も静まると、闇を走る風に乗って、金沢港の長い堤防にぶつかる波の音が聞こえてくる。そんなはずはない、(中略)雅代は両耳に指を差しいれ、耳の穴に夜気(やき)を通した。すると波音はさらに大きく深くなった。(中略)おそろしい。雅代はその言葉を呪文(じゅもん)のようにつぶやく。おそろしいのは地響きのような波音ではなく、それによって自分の身体の底から湧き起こる熱いかたまりのほうだ。あの幻の波音…

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです