メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『科学の不定性と社会--現代の科学リテラシー』=本堂毅、平田光司、尾内隆之、中島貴子・他編著

 (信山社・2117円)

限界踏まえ市民が関わる

 科学リテラシーが必須とはよく耳にするが、その科学リテラシーとはいかなるものか。二〇〇一年とかなり前になるが、科学技術に関する意識調査があった。その「地球の中心部は非常に高温である」などの設問に対し、日本の成人の正答率が、欧米と比較して低いことから一部で話題になった。しかし、科学リテラシーとはこのような科学的知識の多寡を問うべきものなのか。本書は、「科学の性質や限界、すなわち科学に関する知識を社会との関わりの中で理解すること」が現代の科学リテラシーであるとみなす。そのために、自然科学、医学、法学、政治学、人類学、教育学など様々な分野の著者が科学の不定性について一冊かけて解説していく。

 私たちの生活が科学やその応用である技術に依存していることは言うまでもない。それは、科学的知識、科学…

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1427文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです