特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

渡辺保・評 『名優の食卓』=大島幸久・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (演劇出版社・1620円)直接販売のみ=03・3261・2806

本名、芸名、役名が微妙に交錯

 五年前に亡くなった十二代目団十郎は、鮪(まぐろ)が大好物だった。

 自分専用の包丁で手ずから料理してまず刺身(さしみ)をつくる。残った身を使ってさまざまに自分が工夫した料理をつくった。そのありさまさながら名店の板前はだしだったという。

 団十郎は家の芸である荒事を演じ、また天性の二枚目役者として、鷹揚(おうよう)でゆったりした芸風の役者だったが、その舞台からは想像できない細緻な料理である。この本に登場する三十五人の歌舞伎の名優たちのなかでも異彩を放っている。

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1468文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集