メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『ギリシア人の物語3 新しき力』『アレクサンドロス大王 東征路の謎を解く』

 ◆『ギリシア人の物語3 新しき力』=塩野七生・著(新潮社・3456円)

 ◆『アレクサンドロス大王 東征路の謎を解く』=森谷公俊・著(河出書房新社・3780円)

作家と学者のまなざしが広げる知的世界

 悲しいかな! 学者が書く歴史は面白くないとなじられることがある。史実と学説はきちんと整理されているが、読者の心に響くものがないらしい。とどのつまり書き手がその人物や出来事にいかなる感慨をもっているかが伝わってこないという。歴史叙述はどこかに文学の芳香をただよわせるべきなのだろうか。

 広く国民に親しまれている塩野七生氏は作家として微妙な位置にある。小説家といえるほど創作しているわけ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  2. 北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功
  3. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  4. 自民福井県連大会 知事選出馬意向の2氏登壇 大荒れでしこりも
  5. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです