メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『流れて、流しの新太郎 新宿・四谷荒木町の演歌師伝説』=千都譲司・著

 (KKベストセラーズ・1620円)

 東京・四谷荒木町を中心に活動していたギターの流し、平塚新太郎さんが昨年8月19日、肝臓がんのため亡くなった。74歳。小ぶりなレキントギターを抱え、全国の盛り場を渡り歩いた演歌師・日本のブルースマンの死。本人からの聞き書きを元に、流転の人生をつづっている。

 5、6歳のころ、敗戦直後の上野で母親の手を離してしまい迷子になった。そのまま浮浪児のグループに入り、なんと…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 千葉停電1週間なお7万戸 住宅被害3600棟超、全容つかめず 17日は暑さ注意

  3. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  4. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです