メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんドクトルの人間学

健康は歯と歯ぐきから=山口建(県立静岡がんセンター総長)

 知り合いの家族が可愛がっているミニダックスフントのロン(仮名)は、現在17歳。人間で言えば80歳を超えた老犬です。これまで病気知らずでしたが、昨年の夏、急に元気がなくなり、食事が取れなくなりました。獣医から重症と告げられ、家族は皆、これでお別れだと泣きながら動物病院に入院させました。幸い、手当てが功を奏し、ロンは一時的に帰宅を許されましたが、チューブで1日数回、栄養を与えねばならない状況でした。獣医は、検査結果から歯周病由来の全身状態の悪化を疑いました。歯周病は、口の中で繁殖した細菌によって引き起こされる感染症で、歯ぐきに炎症を起こし、悪化すると、歯ぐきやあごの骨を破壊してしまいます。また、病変が全身に及び、全身状態を悪化させることもあります。

 獣医は、もう一度、ロンを入院させ、歯周病治療のための抜歯を行いました。すると、ロンは、徐々に元気を…

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1351文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]