メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

好きに食べたい

一汁一菜、まぶしい食卓=服部みれい

 今年のお正月は、小津安二郎監督の「お早(は)よう」を観(み)た。1959年、小津監督としてはカラー2本目の作品なのだとか。郊外の新興住宅地を舞台に、高度成長期に入った日本の一般家庭の日々の営みがいきいきと描かれる。「あのお宅、洗濯機を買ったらしいわよ」なんて会話が飛び交い、当時の家庭の暮らしぶりがよくわかっておもしろかった。

 本作のテーマも、親がテレビを買ってくれないことに反抗して息子2人が「一切口をきかない」とストライキ…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1031文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです