ジビエサミット

鹿児島で開催 有効活用し消費拡大を

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
開発したジビエ商品をPRする県立鶴翔高の生徒ら=鹿児島市で2018年1月26日、田中韻撮影
開発したジビエ商品をPRする県立鶴翔高の生徒ら=鹿児島市で2018年1月26日、田中韻撮影

 狩猟で捕まえたシカやイノシシなど野生動物の肉「ジビエ」の消費拡大を図る「第4回日本ジビエサミット」が、鹿児島市のかごしま県民交流センターであった。狩猟関係者や流通、飲食業者など全国から約900人が集まった。

 ジビエの普及を目指す日本ジビエ振興協会が主催し、県内での開催は初めて。農林業被害の原因とし…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

あわせて読みたい

注目の特集