メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スペイン

カタルーニャ前州首相を提訴

 【パリ賀有勇】スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立問題を巡り、スペイン政府は26日、国外に出たプチデモン前州首相を新たな州首相候補として認めないよう、スペインの憲法裁判所に提訴した。審理の間、新州首相を選出する30日の信任投票が差し止められる可能性もあるが、州議会が従うかは不透明で曲折が予想される。

     解散に伴う昨年12月の州議会選では、独立反対派政党が第1党となったが、独立派3政党が計70議席で過半数を占めたことから、州議会のトゥレン議長は州首相候補にプチデモン氏を指名した。他に候補はいない。

     中央政府側は、独立運動を主導したプチデモン氏が「反逆」などの容疑がかけられベルギーに出国したことを理由に、「逃亡犯」を候補として認めないよう提訴した。

     だが、憲法裁判所が候補と認めない判断をしても、候補認定の権限を持つトゥレン議長が従わず、州議会が信任投票を強行する可能性がある。

     一方、プチデモン元首相ら国外にとどまる議員5人について州議会は代理投票を認める意向だが、中央政府の介入回避のため詳細を示していない。仮に代理投票ができなければ、独立派は135議席の過半数ラインの68議席を割り込む。プチデモン氏は当選に必要な票数を獲得できす、2日以内に条件を変えて再投票となる。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
    2. 米韓合同軍事演習 8月中止 北朝鮮の非核化注視
    3. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
    4. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    5. 大阪震度6弱 死者5人に 大雨予想、土砂災害警戒を

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]