メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雪

1週間 都心にまだ積雪

 首都圏の交通機関に大きな混乱をもたらした22日の大雪から29日で1週間がたったが、東京都新宿区の新宿駅西口にあるビル屋上や学校校庭には、いまだに解けない雪が見られる=写真・本社ヘリから宮本明登撮影。さいたま市浦和区のJR浦和駅周辺でも、車道や歩道の脇に凍った雪が残る。埼玉県消防防災課によると、22日から25日午前8時までで県内の大雪による被害は重傷が15人、他にけが人は450人に上った。26日にはさいたま市で氷点下9・8度を記録。1977年の観測開始以来、最低となった。

 徒歩で通勤していた同市中央区の会社員、園田友樹さん(33)は凍った路面を気にしながら「保育園に通う子どもが転ばないか心配」。同市浦和区の女性会社員(50)は「ずっと寒かったけど、今日は暖かくなるそうなので解けてほしい」と話し、歩みを進めていた。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです