メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高知・大川村

「秘境」で人呼ぶ 外国人客狙い、観光に力 「村民総会」で注目

志遊美谷を調査する寿栄松孝介さん(右)と平賀洋司さん=高知県大川村小麦畝で、柴山雄太撮影

 四国山地の真ん中に位置し、村民約400人と離島を除けば人口が全国最少の高知県大川村。直接民主制「村民総会」の設置検討でも注目された村が、その“小ささと不便さ”を逆手にとって観光振興に乗り出す。秘境を好む外国人旅行客に着目し、来年度にも沢登りや村生活の体験ツアーなどを始める予定で、自治体存続の危機の打開を図る。

 大川村は面積95平方キロで、人口密度は1平方キロ当たり約4人。周囲を1000メートル級の山々に囲ま…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文807文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです