メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車と住める部屋

ファン注目、室内で整備・保管 宇都宮ブリッツェンGM監修 賃貸空室対策にも /栃木

自転車愛好家向けにリフォームされたマンションの玄関=宇都宮市峰4で

 「自転車の街」を掲げる宇都宮市で、室内で自転車を整備・保管できる「自転車と住める部屋」が完成した。市内の不動産会社が企画し、プロロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」の広瀬佳正ゼネラルマネジャー(GM)が監修した。競技用自転車は高価で盗難被害も珍しくないため、自転車ファンの関心を集めそう。また、賃貸物件の空室対策としても、取り組みが広がるか注目される。

 不動産会社「ハートエントランス」(宇都宮市)が、賃貸住宅のリノベーション(再生)を手掛ける「朝日リ…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  4. ラグビーW杯 ナミビア人親子に密着 台風で中止「日本は完璧主義」

  5. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです