メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ふでがき

母国タンザニアの孤児を支援し、来年で20年 小林フィデアさん /長野

小林フィデアさん

善意の積み重ねに期待 小林フィデアさん=飯綱町

 長野県から母国タンザニアの孤児らを支援し続け、来年で20年になる。「子どもが育つまで時間がかかる。でも、自分が辛抱強く育てていけば、成長する」と目を輝かせる。

 青年海外協力隊でタンザニアに来た夫と結婚し、1996年に夫の実家のある飯綱町に移住した。3年後、タンザニアから母レジーナさんと姉フローラさんが訪れた時、話している中で「他国に行くことができた自分たちは恵まれている」と実感した。「他の人に返そう。まずは教育から」と家族で孤児院を設立すると決めた。

 タンザニアではエイズで親を亡くした子どもや助けを求めて来る親子など困っている子どもたちは身近にいた…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1044文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. デートDV 経験10代女性の44% NPO広域調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです