メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヨシ刈り

春を待つ びわ湖マラソンを前に 市民ら参加 大津 /滋賀

刈り取ったヨシを束ねて集める参加者ら=大津市雄琴6の琵琶湖岸で、衛藤達生撮影

 大津市雄琴の琵琶湖岸で28日、「市民ヨシ刈り」があった。3月4日に開催される第73回びわ湖毎日マラソン大会(毎日新聞社、日本陸上競技連盟、県、大津市主催、住友電気工業特別協賛)を前に、市民ら約600人が参加した。

 ヨシは窒素やリンを吸収することから琵琶湖の水質浄化などに役立っているほか、魚や鳥の産卵場所や繁殖場所にもなっている。ヨシが枯れる冬季に刈り取ると…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです